今日から使える!心と体の健康科学

【エナジーバンパイア】身近に潜む人生を壊してくる吸血鬼

どうも、杉山です!

突然ですが、

男性

この人といるとなぜか疲れる…

女性

ちょっとしか話をしていないのになぜか気分が落ち込む…

このようにある特定の人と会うたびに、

気分がなぜか下がってドッと疲れるという経験したことがありません?

じつは一緒にいると何故か疲れる人のことを、

「エナジーバインパイア」

と呼びます。

このエナジーバンパイアはある行動をして、

文字通り他人の活力やエネルギーを相手から吸い取り、

そして反対にエネルギーを奪われた側は気分が落ちてネガティブなったり、

最悪の場合、かなりのストレスを受けてうつ病になる原因にもなります。

だからこそ、このエナジーバンパイアには、

できるだけ接触せずに距離を取ることがとても大切になってきます。

そこで今回はいろいろなタイプのエナジーバンパイアがいるなかで

距離をおいたほうがいい3つのバンパイアたちを紹介していきます

あなたの周りに普通にいるけど、

じつは気づかぬうちにエネルギーを奪ってくる、そんな人達を紹介します。

そしてここで一つ知っておいてほしいのが、

じつは気づかぬうちに自分自身が吸血鬼になっている場合も多くあります。

恥ずかしながら僕自身も昔はエナジーバンパイアで、

気づかぬうちに他人からエネルギーを吸血していました。

なのでこれから話す内容に当てはまる人が周りにいたら距離をしっかり取るのはもちろんのこと、

あなた自身がそのエナジーバンパイアになってしまっていないか、

自分の行動で相手のエネルギーを奪っていないか?

チェックしてもらえたらと思います。

動画でもわかり易く解説しています↓

エナジーバンパイア1.自慢型

人間は誰しも認められたいという承認欲求があるので、少しの自慢くらいなら可愛いものです。

しかし常習的に自慢をしたり、

他人と自分を比較することで快楽を得ているような人がいるのであれば、

その人とは距離をとってください。

自慢している側は話せば話すほど気分が良くなって元気になりますが、

聞いている側は間違いなくエネルギーを奪われます。

なぜ自慢をされると元気が奪われるのか?

その理由は2つあって、

まず1つ目が自分の持つ劣等感を刺激されてしまうからです。

自慢をする人に近づいてはダメな理由1.劣等感を刺激される

人間には他人と自分を比較してしまう本能があります。

そんななかで、

相手から自慢をされればされるほど、

男性

うわうわっまた自慢が始まったよ…

なんて聞き流すことができたとしても、

無意識に相手と自分を比較して心のどこかで、

男性

羨ましいな…

男性

自分は相手よりも劣っている人間なのでは…

このように劣等感が刺激されて自慢を聞けば聞くほど、

自尊心が下がってネガティブになります。

場合によってはそれが嫉妬や僻みなどの感情を引き起こし、

性格を歪ませてしまうことも起こります。

自慢をする人に近づいてはダメな理由2.幸福度が下がる

たとえば自分にとっての幸せが、

普通の大学を出て普通の会社に努め

普通に家族を持ち、

平凡に暮らしていくことが幸せだとするならば、

友人や知人の、

自分は良い大学を出てる、

大企業に勤めている

いい車に乗っている

などの自慢話を聞きすぎると、

自分にとっての幸せの芯がぶれ始めて、

本当に自分って幸せなのかな…」

自分の幸福を見失う原因になります。

なので自慢をたくさんしてくる承認欲求の塊のような人とは、

距離をできるだけとるようにしましょう。

近づくほど自分の劣等感を刺激されたり、

自分にとっての幸福を見失いやすくります。

エナジーバンパイア2.ネガティブ型

次に距離を取ってほしいエナジーバンパイアは、

愚痴・不平不満などのネガティブな発言をたくさんする人です。

基本的に人は相手に共感できる愚痴や不平不満なら聞いても問題はありませんが、

一方的なネガティブな話ばかりされてしまうと、

「受動ストレス」

といって知らず知らずのうちに心理的ダメージを負います。

つまり相手は話をしてスッキリする一方で、

あなた自身はストレスを受けてしまうのです。

そして一つ知っておいてほしいのが、

じつは多くの人が気づかぬうちに、

自分の大事な友人や親友からエネルギーを奪うケースが多くあります。

仲がいいという安心感から、

相手に愚痴をたくさん吐いたり相談に乗ってもらう人が多くいます、

でもじつは愚痴というのは、

大事な友人からじつはエナジーを奪う行為ということを必ず知っておいてください。

なかには恋人や夫婦関係などの支え合う関係なのに

じつはパートナーが元気を奪ってしまっている、

エナジーバンパイアだったなんてことが多くあります。

もちろん多少の愚痴ならしょうがないですが、

「親しき仲にも礼儀あり」

信頼しているからと言って大事な人にたくさん愚痴を吐いたり、

ひたすら相談するのは関係を壊す原因になります。

なので愚痴や不平不満などのネガティブな発言ばかりする人にはできるだけ近づかない、

そしてあなた自身も相手が信頼できる大事な人たちだからといって、

愚痴をたくさん吐かないように注意しましょう。

エナジーバンパイア3.ナルシスト型

距離を取るべきエナジーバンパイアの3つ目が自分のことが大好きな、

「ナルシスト」タイプです。

もちろんすべてのナルシストと距離をとったほうが良いとは言えませんが、

自分が好きな自己愛者と深く関われば関わるほど、

心理学的に言うとエネルギーを奪われる傾向にあります。

基本的に心理学には「ダークトライアド」という、

邪悪な心を持つ3つの人格という考え方があります。

邪悪な心を持つ人格1:サイコパス

まず1つ目がみなさんご存知の通り「サイコパス」

サイコパスといえば犯罪者のイメージが強いですけど、

彼らの特徴として共感力が欠落しています。

共感力が欠落しているからこそ他人の痛みがわからず冷酷なこと平然とできます。

邪悪な心を持つ人格2:マキャベリスト

2つ目が「マキャベリスト」です。

このマキャベリストは目的のためなら手段を選ばない人たちのことで、

目的を達成するために人を操ったり騙すということを平然とします

出世のためだったり狙った異性を手に入れるためなら、

友人・同僚を騙したり利用したりする人ですね。

邪悪な心を持つ人格3:ナルシスト

そして最後3つ目が「ナルシスト」です。

ナルシストは自分の行動や考えが絶対に正しいという思いが常にあるので、

少しでもなにか指摘されると、

自分の自尊心が傷つけられたと感じやすく攻撃的になりやすい傾向にあります。

あとはナルシストの特徴として、

自分がつねに中心なので、

会話が自分の話や自慢ばかりになって他人の話に基本興味を持たない。

自分は他人よりも優れている特別な存在でありたいという考え方が根底にあるので、

なにか自分の劣等感を刺激してくる人が現れれば、

その相手に対し攻撃的になる傾向があります。

なので基本ナルシストな人と関わると自分が振り回されたり、

攻撃を受けることも多くなるので、結果トラブルになりやすく疲れてしまいます。

ちなみにナルシストと言っても、

いろいろなタイプのナルシストがいます。

その中でも危険なナルシストの特徴として、

  • 自分の才能や業績を誇張する人
  • 他人に嫉妬しやすい
  • 自分よりもしたと感じた人に対し傲慢な態度を取る人
  • 相手をすぐに論破しようとする人
  • 他人の話を聞かず自分の話ばかりする人

これらに一つでも多く当てはまる人ほど、

ナルシスト型バンパイアの可能性が高くなります。

なのでこういった人があなたの周りにいたら、

距離を取るようにしてみてください。

まとめ

今回をまとめると、

関わってはいけないエナジーバンパイアは、

  • 自慢をしてくる人
  • 愚痴や不平不満ばかり吐く人
  • ナルシスト

という内容でした。

1.2の自慢する、愚痴を吐くって行為は、誰しも無意識にやってしまいがちな行動です。

なので今一度、自分が相手のエネルギーを奪ってしまっていないか?意識しながらチェックしてもらえたらと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA