カタルシス効果|気持ちがスッキリする心理を使って仕事と恋愛に活用!

おすぎくん

あーっ、最近仕事でミスしちゃうし、すごくストレスがたまってるよ…

 

おすぎくん

こんなときこそ男は我慢して頑張らなきゃいけないのかな…

 

五右衛門

そのココロに溜まったガスはしっかり吐き出して浄化してあげないとだめだぞ。

 

おすぎくん

五右衛門!やっぱりそうだよね!
誰かに仕事の愚痴でも聞いてもらおうかな?気持ちも楽になるし!

 

五右衛門

いい考えだ、
そういった気が楽になる心理効果を「カタルシス効果」といい、恋愛や仕事でも活用できるぞ。

 

どうも!

小学生の頃クラスに一人は冬でも半袖短パンの子がいましたけど、まさにその一人だった杉山です!

あなたはツライ経験をしたときや悲しい経験をしたとき、

溜め込んでいた言葉にできないモヤモヤとした気持ちを友人に吐き出したとき、

気持ちが楽になったという経験はありませんか?

そのような心理効果を心理学では「カタルシス効果」と言います。

このカタルシスとは「魂の浄化」を意味し、ストレスなどのココロの毒素を排出するココロのデトックス効果を指しています。

今回の記事ではカタルシス効果とはどのようなものなのかを説明し、

仕事や恋愛においてどのように活用していくのか?を詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ最後まで見ていただけたらと思います。

おすぎくん

カタルシス効果?

五右衛門

これを使えばビジネスや恋愛においてもうまく活用ができるぞ。

カタルシス効果とは?

ココロの浄化作用

カタルシス効果はオーストラリアの精神科医であるジークムント・フロイトが広めた用語で、

人間は不安や恐怖、苦痛、悩みを言葉にして吐き出すことで、

それらが軽減してココロの安定が得られることを「カタルシス効果」としました。

きっとあなたも日常生活で気づかぬうちにストレスが溜まってしまい、

ムリに抑え込んでいるということが非常に多いと思います。

そんななかで感動的な映画をみて涙を流し、気持ちがスッキリしたという経験だったり、

日頃の職場での人間関係、学校での人間関係による抑え込んでいたストレスを家族や友人に吐き出したことで、

気持ちが楽になりスッキリしたという経験もあるはずです。

また、とてもツライ経験や悲しい経験をしてココロに傷を負ってしまったが、

友達にそのココロの内を明かしたところ、

悲しみやツライ気持ちから立ち直ることができたという人も多いはずです。

このように人は日常的に自覚がなくてもなんらかの形でストレスを解放していますが、

それはカタルシス効果から成るものだったのです。

また、人間の心理にはネガティブな感情を吐き出させた相手に好意を持つという性質を持っており、

カタルシス効果を使った心理テクニックを活用すれば潜在的に相手の心を開かせることができ、

仕事の人間関係、恋愛に対しても応用することができます。

ではここからはどのように、このカタルシス効果を活用していくのか?について話していきましょう。

カタルシス効果を恋愛で応用

カタルシス効果は恋愛においても人間関係においても応用できます。

ではどのように応用するのか?

それはシンプルに「相手が言うことに耳を傾ける」ということです。(心理学用語で傾聴)

人は自分が抱える悩みや不安、不満などのネガティブな感情を吐き出したとき、気持ちが楽になることができます。

そしてそのネガティブな感情が強くなればなるほど。

また人間は自分の感情と今起きている出来事を連結させて記憶する性質を持っているので、

あなたが相手の気持ちをスッキリさせることができれば、

相手からするとその楽になったという記憶とあなたが連結して記憶に残ります。

たとえばですが、懐かしい思い出のある曲を聞くと、

昔のツラかった思い出、楽しかった思い出、悲しかった思い出などの記憶が蘇ってきませんか?

音楽に限らず場所でも同じことが言えます。

「ここに来るとあのときの懐かしい記憶が蘇るな~」

それらの感情に関する思い出は音楽や場所、人、出来事とともに記憶として残るのです。

おすぎくん

たしかに昔の好きだった曲とか聞くと、その当時の記憶が鮮明に蘇ってくるよね!

五右衛門

それは感情と出来事がセットで記憶に残っているからだ。

スッキリしたとき一緒にいることで起きる心理効果

ここで重要なのがスッキリしたときに一緒にいるのがあなたということです。

なぜなら話をしてスッキリしたという気持ちは、自分の中にあるネガティブな気持ちを吐き出して楽になったというよりも、

あなたが作り出してくれたと脳が錯覚して感じるからです。

基本的に人は自分の弱い部分を相手に見せようとはしませんが、そういったネガティブな感情を見せるということは、

「自分の弱い部分を見せる=相手は特別な存在なんだ!」

このように脳が錯覚を起こし、あなたを特別な存在と思い込むのです。

これを心理学用語で「認知的不協和」と言います。

これら記憶の錯覚を利用して、デートする場所をストレスが発散しやすい場所に選ぶのもいいでしょう。

ドライブやカラオケ、お酒が飲める場所や眺めがきれいな場所など。

これらを選ぶだけでも気持ちがスッキリして好意を抱いてもらいやすくなるでしょう。

五右衛門

勝手に自分で話して相手のおかげでスッキリしたと錯覚する人間の脳は不思議だな。

カタルシス効果を仕事で応用

仲間がいればストレスが緩和される

仕事上でもっともストレスを感じてしまうのが人間関係であり、

仕事をやめてしまう理由の上位にもあるのが「対人トラブル」です。

馬の合わない上司や人間関係のストレスで会社を去る人も多く、

劣悪な環境で働き続けることはストレスが溜まってしまいとてもツライことです。

しかしカタルシス効果をうまく利用すればそのストレスを緩和することができ、限界まで追い込むのを防ぐことができます。

それは自分の本音で話せる同僚を一人でもいいから作ることです。

同じ仕事をしている同僚であれば怒りや悲しみ、不安といったネガティブな感情に共感するポイントが多いので、今の感情を吐き出すことで、気持ちが楽になります。

もちろん会社以外の人に話を聞いてもらうだけでも効果はありますが、

相手は会社の事情がわからないため共感度が下がってしまい上手にストレス吐き出すことができません。

なので同僚で愚痴を聞いてもらえるような仲間がいいでしょう。

おすぎくん

たしかに共感しあえる仲間が職場にいればガスを抜きながらも頑張れるよね!

チームワークがよくなる

自分の話を聞いてもらうだけでなく、同僚や仲間の持つ不安や悩みも聞いてあげることも大事です。

みんなのココロがスッキリすれば、

風通しの良い職場環境や居心地の良い環境を作ることができるので、必然的にチームワークが良くなります。

そしてチームワークが良くなるということは結果的に良い成績、結果が出やすくなります。

また上司などの説教にも否定的にならずにしっかりと耳を傾け納得しながら真摯に受け止めてあげてください。

上司も説教(部下に対する不満)をすることでカタルシス効果が生まれ、

部下から生まれる不満や不安を解消することができるので、気持ちがスッキリします。

五右衛門

一人ひとりのココロが楽になれば会社にとっても個人にとっても働きやすい環境になるのだ。

不平不満に耳を傾けることでビジネスチャンスが生まれる

不平不満などのネガティブな言葉は聞いてて気持ち良いものではありませんが、

ビジネスの根底には「人の抱える悩みや不満を解決すること」という本質があります。

たとえばちょっとしたことで文句をつけてくるクレーマーのお客さんなどいるかもしれませんが、

見る角度を変えればリピーターになる可能性だってあります。

人々が持つ怒りや不満などの感情には、ビジネスにおいて「その人にとって解決してほしい不満、問題」である場合が多いのです。

それらのネガティブな感情に真摯に向き合い問題解決することで、

カタルシス効果でスッキリし、あなたの会社に信頼を寄せてヘビーユーザーになることだってあります。

このように人の持つ不満や怒り苦しみなどのネガティブ感情に耳を傾けることで、

ビジネスチャンスが生まれるということもあるのです。

おすぎくん

「人の抱える悩みや不満を解決すること」という本質と向き合えば違った角度からチャンスが表れるんだね!

まとめ

いかがでしたか?

カタルシス効果とはその人の持つ怒りや悲しみ、苦しみ、罪悪感などの感情を吐き出すことで、気持ちが楽になるという心理効果です。

昔、再現ドラマで子供の頃にお父さんを毒で殺してしまった少女が誰にも言えずに罪悪感を抱き続けていたが、

親友である友達にそれを伝え懺悔したことで、

その自分を苦しめていた罪悪感が楽になり涙が溢れ出るというシーンが有りました。

それはまさにカタルシス効果でココロの奥深くにある感情を吐き出したことによるものだったのです。

もしもあなたがなにか不安や悩み、あなたを苦しめているものがあるとすれば、

それは一人で抱え込まずに信頼できる人に話したり、

ストレスを抱えているのであれば感情が溢れ出るような映画を観てみましょう。

カタルシス効果できっと気分が楽になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA