今日から使える!心と体の健康科学

【あなたも陥る】不幸のサイクルにハマる危険な習慣

いまや暗いニュースSNSニュースメディアを通じて瞬く間に広がり、

人から人へと拡散されていくものです。

たとえばヒトが亡くなってしまう事件事故感染症自然による天災など。

わたしたちはつい、そういった暗いニュースに注目してしまいがちです。

そんななかで、もしあなたが暗いニュースばかりに目がいってしまい、

繰り返し不幸に関するニュースを見ているのであれば、それはかなり危険な状態かもしれません。

なぜなら悲劇に関する情報に触れすぎると「不幸のサイクル」にハマってしまい、

もっと悲惨なニュースを引き寄せ、そのループから出られなくなってしまうからです。

つまり悲しみが悲しみを呼び、あなたへ不幸が伝染する連鎖が起きてしまうのです。

そしてその不幸なサイクルにハマってしまうと、

強いストレスを感じ、たとえ状況が変わるような良い出来事が起きたとしても、

その負の連鎖は終わらず、長期にわたって影響を受けることが最近の研究結果でわかったのです。

おすぎくん

悲しみが伝染する!?

五右衛門

最近、悪いことばかり起きるヒトはこれが原因かもしれないぞ。

不幸なニュースによる悲しみは伝染する

米カルフォルニア大学が行った研究で、アメリカ人4165名を3年間追跡調査してみると、

不幸を扱ったニュースをたくさん見る人は将来に不安を抱くだけでなく、

別の悲惨な出来事を扱うニュースを見る時間が長くなるという傾向が多かったのです。

たしかに自分も過去を思い返すと、

昔、自分が落ち込んだときとか無意識的に暗いニュースを好んで見ていたり、

反対に元気なときはネガティブなニュースを見ることは少なかったのですごく納得。

またこういった不幸が伝染するという研究はこれまでにもあって、

たとえば芸能人が自殺したというニュースがテレビやSNSなどで拡散されると、

それを見た、視聴者やユーザーが自殺というイメージを頭でさせてしまい、

最悪の場合、そのニュースがきっかけに後追いして自殺する可能性が高まってしまうということもわかっています。

おすぎくん

科学的にも悲しいニュースは心に伝染してしまうんだね…

長期的に続く「不幸のサイクル」

そして今回知っておいてほしいのが、不幸なサイクルは長期的に続くということ。

2013年から2016年まで3年にわたって追跡調査が行われ、

皆さんの記憶にも新しい、2013年4月に起きた5名の死者と299人の負傷者を出したボストンマラソン爆弾テロ事件。

このニュースを長く見ていた人たちは精神的なストレスを受ける傾向にあり、

事件が発生してから6ヶ月経過したあともストレスを感じていたということがわかっている。

またこの人たちは、2016年6月に起きた死亡者50人、負傷者53人を出したオーランド銃乱射事件が起きたときも同様に、

このニュースを見ていた人たちは強いストレスを受けていたという。

五右衛門

不幸なサイクルは長期的にストレスを抱かせてしまうのだ。

悲しいニュースが流れ込むテレビやSNS

「日本のテレビって、悲しいニュースから始まるよね」

外国の友人がわたしに言った言葉です。

とくに国柄なのか、日本ではこういった悲しいニュースを取り上げることが多く、

最近で言えば、コロナウイルスにまつわるニュースです。

チャンネルを変えれば常にコロナウイルス関する報道ばかり。

また「日本の将来はヤバい」という報道も多く、

そういったニュースが人を不安にさてしまい、働くモチベーションを下げたり、

購買意欲を下げ経済の循環を妨げてしまったりする動線になっているのは間違いない。

最近では時代は進みテレビからの情報だけでなく、

SNSも不幸のサイクルに油を注いでおり、流れるように不幸なニュースを見ることができます。

たとえば悲しいニュースをスマホを見たとすれば、

「あなたへのおすすめ」といった関連記事からさらに悲しいニュースが流れてきたりなど。

はっきり言ってしまうと負の感情を沸かせるニュースは見てもなにもためにならず、人を不快な気分にさせてしまいます。

そう、悪いニュースを見ることは自傷行為と同じなのかもしれません。

とは言ったものの、悪いニュースは実際どんな事が起きているのか把握した上で注意喚起するきっかけになったり、

場合によっては「こんなことが起きているのか、自分は頑張らなきゃ!」と頑張るモチベーションになる場合もあるかもしれません。

そこで大事なのが食事のバランスと同じように「情報のバランス」です。

いい情報ばかり見れば、自分に対し注意喚起できないですし、

反対に悪いニュースばかり見れば不幸のサイクルにハマってしまう。

なので情報の調節を、上手に行っていくことが大切になってくるかと思います。

おすぎくん

大切なのは情報のバランス!

最後に暗いニュースを求めていないかチェック

不幸なニュースで落ち込んだ心はさらに悲しいニュースを追い求め、

ネガティブな情報のシャワーを浴びようとします。

たとえ明るいニュースがあったとしても、楽観視しすぎ、情報操作されていると信じることを拒絶する。

もしあなたがそのような状態なのであればそれはすでに、不幸のサイクルにはまり込んでいるのかもしれません。

そしてそのサイクルは長期的にあなたを苦しめてしまう。

なのであなた自身の状態をいま一度確認してみましょう。

「悲しい情報ばかりに目がいっていないか?」

「不幸なニュースを追い求めていないか?」

もしそうであるならば、なるべくそういった情報から距離を取ることをオススメします。

頭の中に不幸なニュースを見すぎることは自傷行為と同じだと知っていれば、

少しは自分の心を守ることができるはずです。

参考文献:Media exposure to mass violence events can fuel a cycle of distress

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA