今日から使える!心と体の健康科学

テレビニュースが人間に与える悪影響について【百害あって一利なし】

どうも杉山です!

テレビをつけると深夜以外、いつでも放送されているのがニュース番組ですよね?

朝起きてテレビをつければニュース、

お昼にテレビをつけてもニュース、

夕方もニュース、

そして寝る前のテレビもニュース。

わたしたちにとって身近な存在であるニュース番組ですが、

今回のテーマはニュースの見すぎは危険ですよという注意喚起のお話をしていきたいと思います。

ぼくは基本的にテレビからの情報はほぼ遮断しています。

それはなぜかって言うと、

テレビのニュースというのは、

  • 恐怖心
  • 悲しい出来事
  • 人の不幸など

ネガティブな情報で僕らを煽るように構成して放送されるからです。

  • 事件や事故
  • 不倫問題
  • 政治家の汚職問題
  • 日本の苦しい未来

最近だとコロ助の問題ですよね。

朝から晩まで、

「今日はコロ助にかかった人数は〇〇人超え」

という報道だったり、

あとは専門家が語る怖い話、

コメンテーターが政府を批判するだったり、基本どのニュース番組も暗い話題ばかりです。

もちろんこういった情報を知ることは、

注意喚起として、とても大事なことかもしれません。

男性

今日の感染者は〇〇人か、
マスクや手洗いソーシャルディスタンスをもっと意識しよう!

だったり注意力を高めるための情報になったりします。

しかしテレビニュースの何が良くないか?といえば、

基本的に悪い側面しか見せないからです。

ネガティブな部分ばかりフォーカスして、

たとえば、

「今日は何人感染しました!」

と報道をしながらも退院者数なんてほぼ報道しません。

煽るだけ煽って視聴者を不安にさせて、暗いムードで終わる場合がほとんど。

そして基本的にはどの局も同じ話題で、毎日同じような繰り返し。

おすぎくん

たしかに言われてみれば、
テレビのニュースって8割がネガティブなニュースだよね!

五右衛門

その理由について解説するぞ。

動画でもわかり易く解説してます↓

 

なぜテレビのニュースはネガティブな情報ばかり流すのか?

ではなぜテレビのニュースはそういったネガティブな情報ばかり流すのか?

それは視聴率がとれないと経営にならないからです。

よく視聴率っていう言葉を聞きますよね?

じゃあ視聴率が良いと何が起こるかと言えば、

企業がテレビ局にお金を払って番組の間にCM、つまり広告を出したがるわけです。

なぜなら視聴率のいい番組にコマーシャルを出せば、

たくさんの人が見てくれるので企業は知名度も上がり、商品の宣伝、信頼につながるからです。

そうだからこそテレビ局は面白い番組を作るだったり、

たくさんの人を集めて広告を多くの人に見てもらう必要があるわけですね。

じゃあ人を集めるためには何が効果的なのか?

視聴率を高めるためにはどうすれば良いのか?

そう、そこでネガティブなニュースです。

  • 事件や事故
  • 不倫問題
  • 汚職問題
  • 社会問題だったり

人の不幸や恐怖心を煽るニュース。

それはなぜかと言うと、人はポジティブなことよりもネガティブな情報にすごく反応しやすいからです。

言い換えれば楽しいことよりも怖いこと、人の不幸に反応しやすいということです。

たとえば、

  • 芸能人の〇〇が結婚した
  • 芸能人の〇〇が不倫しました

という2つの話題があったら世間が大きく反応するのは不倫問題ですよね?

おめでとうという祝福の言葉よりも、

「不倫はありえない」

「人としてありえない」

などのコメントの方がSNSで多く拡散されます。

なぜなら他人の幸せについて人はそこまで興味がないから、

そしてネガティブな情報にどうしても反応してしまうから。

他にも誰かの噂を話をするときに、

「あの人いい人だよね」

「すごく優しい人だよね」

と人を褒める話題よりも、

「聞いた?あの人〇〇らしいよ」

など人の悪口を話題にする場合の方が、世間的に言えば多いはずです。

じっさいに2003年にマサチューセッツ大学で行われた研究でも、

ネガティブな情報ポジティブな情報よりも、

7倍も影響するという研究データもあります。

つまり人はハッピーな情報よりもバッドな情報に、

7倍興味を引くということなのです。

だからこそテレビのニュースはわざとネガティブな情報ばかりを放送して、

視聴者さんに長く番組を見てもらおうという狙いがあるわけですね。

ではここからが本題です。

おすぎくん

たしかにネガティブなニュースの方が興味を引いて、つい見ちゃうよね…

五右衛門

だからこそ、テレビ局はどこもネガティブなニュースを扱っているのだ。

なぜテレビのニュースを見ない方が良いのか?

テレビを見ないほうが良い理由は2つあり、

まず1つ目の理由がネガティブなニュースに触れれば触れるほど、

無意識化にストレスを受けてしまい、

メンタルにダメージを与えてしまうからです。

ネガティブなニュースはメンタルにダメージを与える

これをタバコの受動喫煙と同じように受動ストレスなんて呼んだりしますが、

精神科の先生が心の病を持つ人に対し、

「テレビのニュースは見ないでください」

と伝えることは有名な話です。

じっさいにカルフォルニア大学が行った研究でも、

不幸を扱ったニュースをたくさん見る人は将来に不安を抱き、

ストレスを長期間受けるだけでなく、

別の悲惨なニュースを見る時間が長くなるという研究データもあります。

つまりネガティブなニュースを見れば見るほど、

さらにネガティブな情報のシャワーを浴びようとしてストレス受けるわけです。

そしてテレビのニュースは編集だったりBGMがあるので、

さらに五感を刺激するような演出がされています。

なので言い方が悪くなってしまいますけど、

テレビのニュースを見ることは自傷行為をしていることと同じなのです。

【あなたも陥る】不幸のサイクルにハマる危険な習慣

ネガティブなニュースは脳の機能を低下

そしてテレビのニュースを見ない方がいい理由の2つ目が、

他人のネガティブな感情を受けた人は、

記憶や物事の判断を司る機能である海馬、

脳の機能が低下するということが研究データで明らかになっています。

しかもたった2分のネガティブな情報を知るだけでも。

つまりネガティブニュースを見れば見るほど脳の機能が低下していく、

つまり勉強だったり、仕事だったり生活に支障がでやすくなるということが言えるのです。

おすぎくん

たしかに気分が落ちたときほど、
ネガティブなニュースを見ているかもしれない…

流れ込むネガティブな情報とどう向き合っていけば良いのか?

基本テレビ局はどうしても営利企業なので、

人を集めるためにこのネガティブな情報を流すスタイルは変更しないと思います。

じゃあテレビが変わらないのであれば、

自分たちが変わるしかありません。

そこであなたにやってほしいことが2つあります。

一つ目が情報のバランス

ネガティブなニュースを見るのは良くないと言ったものの、

じっさいにニュースを見ることは、

「世間でどういったことが起きているのか?」

などの注意喚起するきっかけになります。

場合によっては、

男性

こんなことが起きているのか、
自分は頑張らないと!

なんて頑張るモチベーションになる場合もあるかもしれません。

そこで食事のバランスと同じように、情報のバランスです。

いい情報ばかり見ていれば自分に対し注意喚起できないですし、

反対に悪いニュースばかり見ればメンタルがやられていく。

なので情報のバランスは、

  • ポジティブな情報9
  • ネガティブな情報1

の9:1の割合で情報を得ることをオススメします。

2つ目が情報はSNSや専門家から

テレビの情報というのは視聴者を集めるためだったりスポンサーさんがついているため、

どうしても情報に偏りがあるので、自分で正しい情報を得る必要があります。

じゃあどのように情報収集をすれば良いのか?

それは本だったりSNSなどのネットからです。

ツイッターでたくさんリツイートされているつぶやきだったり、

最近ではあらゆるジャンルの専門家が、

ブログやユーチューブチャンネルで情報発信をしてくれています。

それら情報を収集して見比べればどれが本当の姿なのかだったり、

メディアが流していない情報が明らかになってきます。

もちろんそういったネットでの情報が

すべて正しいかどうか?と言われれば断定することはできません。

しかしテレビやマスメディアなどの偏る情報よりも、

信憑性が遥かに高くなるのは間違いないということです。

何度も言いますがテレビなどのニュース番組は、

ネガティブな情報で人の不安や恐怖心を煽るような作りで構成されています。

なのであなたはそういった偏って流れてくる受動的な情報ではなく、

必要な情報というのは自分からネットなどを使い能動的に情報収集することをおすすめします。

おすぎくん

情報はバランスと自分で取捨選択ということだね!

さいごに

テレビは情報収集として適さないですが、

エンタメ系の番組だったり音楽番組だったり娯楽で見る分には凄く良いモノだと思っています。

ぼくもたまに月曜から夜ふかしとか、水曜日のダウンタウンを見たりしますし。

ひとによっては好きなタレントさんやアイドルが出るからテレビ番組を見る人もいるかと思います。

なので今回の記事ではあくまで情報を知るという観点から見れば、

テレビのニュース番組はおすすめできないという内容でした。

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA